感情の摩天楼


因果応報と言うには、あまりにも不幸な半生だ
それでも、全てを失ったと思った矢先
まだ残っていたものがある

――絆

パンドラの箱の中にも希望があった様に
彼女は決して失われない絆を持っていた


感情の摩天楼

[原曲:感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind]
lyric:黒岩サトシ
arrange:PHEVOTT
vocal:Cherose, fi-fy, 723




報われない願いに独り心痛め
無慈悲な神に疑い投げかけ
<想い半ばに潰え往くなら
不条理な摂理へと強い疑い投げかけ>

ただ生を憂い 死を疎んで
行き着いた先 <罪過を経て>
全てに等しく与えるものを
<侵し得ぬものさえ>
何故に奪い合い 弱きを討ち
何を悦ぶ <手に入れたものは>
<酷く穢れて>
ただわかりあえばそれでいいと
認めるだけで……

何を咎と責めればいい
自らが犯す禁忌は
<罪だと誰が決めた>
誰もが抱く理想の最果てへと
至れば解るものだと願う
<見えているはず>
<至れば解るはずだろう>

流れる時さえわからぬまま
悪夢は続く <いつまででも>
生まれた意味すら呪いに思え
<何の為生まれて>
信じていたもの その真実
見えなくなれば <霞んでしまえば>
<心でさえも>
もう"強さ"などと呼べるものは姿を消して

全て認め受け入れるそれが唯一の真理か
<それこそ博愛だと>
因果に満ちた生を振り返り問う
それでも未だ答えは見えず……
<答えはどこに……>
<それでも未だ見つからず……>

真理という言葉そのものが
まやかしに思える今は
それでも去り往く者の
微笑みには <微笑みは>
答え導く意志が満ちて

決して消えはせずに信じてた絆再び
<破れ得ぬもの>
そう忘れはせず強く想う心さえあれば
<心の力>
どれだけ離れていたとしても
時を越えて 距離を越えて 巡り会えると

忘れかけた温もりが不意に甦る瞬間
<絆が甦れば>
枯れたはずだと思っていた涙が
輝き映し絆を照らす
<また輝いて> <輝き映し流れてく>
二度とは離れはしないだろう



スポンサーサイト

春の湊に


空に浮かぶ船は宝船
安易な思い付きは
春の陽気のせいだろうか?


それぞれの思惑に満ちた異変は
こうして始まった


春の湊に

[原曲:春の湊に]
lyric:黒岩サトシ
arrange:PHEVOTT
vocal:Cherose




もはや見飽きているうららかな晴天を遮り
進む舟は何処へと向かって往くのだろうか

何の根拠もなく
飛び立つのはきっと陽気のせい
それも"おかしき"ことと
構わずに追い続ける

この空に散った光 ただ夢中で手を伸ばし

春霞たなびくなら、山桜を彩って
目的すらぼやけさせ、ただ舟の後追う
移ろい往く儚さよ
少女の無邪気さもまた微笑みだけで語れず
何かを傷付ける?

今降り立つ空揺れて、ふと予感胸に過ぎる

輝く舟に漂う拭い去れぬ哀傷は
戯れの訪問者に戸惑い投げかける

見下ろした景色に今大きな影目を奪う
ふと我に返れば、まだ何も手には出来ず
求めたものなど
ここにないことはわかっている
それでも追い掛けている
やがて見えるはずの真実



フランドール・スカーレット


狂っている
彼女は狂っている
なぜ狂っている?

繰り返される破壊の末に
少女は何を見るのか


フランドール・スカーレット

[原曲:魔法少女達の百年祭 / U.N. オーエンは彼女なのか?]
lyric:黒岩サトシ
arrange:fanfan.
vocal:fi-fy




「遊んでちょうだい」
いつまでも大切にしてあげる
手にしたモノに笑いかけて
瞬くその間に跡形も無く散る

舞い上がるヘビイチゴ なぎ払う緋の剣
閉じ込めて、あなただけ 後ろには、私だけ

お日様も月も見えない部屋で
崩れた感覚、壊れた感情
いつも同じ様に過ごしているわ
抑えた衝動、狂気目覚めて

「独りになるのはイヤ」 ずっと遊んでいたいだけよ
「どうしてなの?」 皆姿を消してしまうの

なぜかこの手握り締めれば、いつもの様にまた独りきり
寂しいのよ 待たせないで 我慢できないから

「いつになったら外へ出られるの?」
姑息な嘘ならもう聞き飽きた
イタズラだなんてするわけないわ
ダメならワタシを早く

「壊して」

何万回目になる? 夜空を踊る夢を見るの
辿り着く場所は、いつでも変わらないのかな?

そして過去も現在もわからない
空間を隔てるものは迷い込んだか弱い虫けらの存在だけ

惨めに抗うその姿は、束の間の快楽に終わる
遊び飽きた玩具なんて
捨ててしまえばいい 壊れてしまえばいい 何も残らなくていい



車椅子の未来宇宙

たった一人の人間が想い描いた宇宙に
まだ誰も辿り着けない

一人一人の秘めた力は誰にも
そして神にも計り知れないのだろう

見上げた宇宙の果てが見えない様に


車椅子の未来宇宙

[原曲:車椅子の未来宇宙]
lyric:黒岩サトシ
arrange:PHEVOTT
vocal:Cherose, fi-fy




夜を照らす <空が霞む>
ネオンの街、独り <ただ独りきりで>
空に光る <闇に翳る>
月はただ寂しく

昔何度も読んだ小説の描いてた
星の海を自由に <泳ぐ>
翔ける日はいつ訪れるというのだろうか
腕時計に目を落として <見つめてる>

無機質な線に隔てられた
四角い空を見上げ <淀んでる>
その先広がる世界を誰が想い描ける

文字と映像に脚色された
虚像を更に越えて <その先へ>
大きな宇宙を夢見てこの空に手を伸ばす

遠く覗いた望遠鏡の中に見える
色彩に胸が高鳴る <心沸く>

辿り着けない宇宙の姿
それは確かにあって <存在を>
ただ一人だけに見えたと事実は語り続け

受け入れられず否定するのが
総意だと言うのなら <目を逸らし>
見えないものはそのままに
見えることはないだろう

全て悟り尽くした様な顔見せて
「夢が無くなった」 なんて
それが最たる現実逃避だと言おう
可能性など無限にあるのだから

ただ小さな諦観に囚われては
決められた道だけを歩むしかないというなら
愚かなままでいたい

この狭い想像を振り払って
見えない宇宙を飛ぶ <この宇宙を>
無人の世界を恐れて逃げ出したくなっても

新たな創造を掴むために
次の星へ踏み出す <果てしない>
無限の旅に憧れて青い星の彼方へ
どこまで飛べるのだろう



万年置き傘にご注意を


――孤独
それも、ただの孤独ではない
「誰からも認識されぬ」孤独

役目を果たしたというには乱暴極まる
そんな絶望の中にも彼女は
寄り添う主を求めた


万年置き傘にご注意を

[原曲:万年置き傘にご注意を]
lyric:黒岩サトシ
arrange:PHEVOTT
vocal:Cherose




どこなのかもわかりもしない
ただ流され置き去られたこの場所が
雨雲が消えることなく
瞳の奥淀ませるのはどうして

無数の願望がかき消されてゆく
ただそばにいたいと想うだけなのに

雨が降っても気付かれない
終に訪れた最悪の結末
代わるものはいくらでもある
それでも忘れられる孤独をわかって

気付いてよ 焦る結果は
無表情な反応をただ生み出し

心が空になる 同じ繰り返し
望めば望むほど傷は深くなる

雨の中寄り添って歩く夢を見れば
覚めないで願うほど虚しく
風が頬を撫でて起きれば
広がる青空に溜息が零れる

次から次へ巡り 今は何にも期待はせずに
いっそ壊れてしまえばいいと祈るけど叶わない

誰も知らない場所に独り流れ
音も無く消えると思ってた

そして巡り合う温もりに
涙落ちてゆく過去を洗い流し
きっと捨てられることはない
疑う気持ちも不思議と無くなる
雨雲が陽光に溶けてゆく



メイガスナイト


妖精、妖怪、人間
抗い難い力の差

ひょんなことから始まった争いは
予期せぬ展開を見せる


メイガスナイト

[原曲:メイガスナイト]
lyric:黒岩サトシ
arrange:Sassy
vocal:723




夜桜に似合わぬ姿が視界を横切って
矛盾した言葉を並べ挑発繰り返す

悪い冗談とあしらうも聴いた様子も無く
嘘か真かわからぬ言葉、息巻いている

思わぬ展開 狐につままれて
成り行きに任せたなら
その意味もただ空回る

西風が吹く 既視感がふと訪れて
少し暇を潰す相手には悪くない
"意地悪な魔女"
ステレオタイプが脳裏に
ふっと苦笑いさ 遊びは始まったばかり

思えばこんな体裁での勝負はいつ以来
明けない夜に想い馳せつつ空を見上げる

どこかに置き忘れた記憶 もう一人の自分
秋の景色が心の片隅に映り込む

勇敢というか無謀なだけだろう
不可解な立ち回りに可笑しさが漂っている

結晶が舞う 激しさに冷や汗流れ
やけに強きなのも解った様な気がして
光の熱を確かめたなら
追い付けぬ速さ見せつけ
ただ口唇吊り上げ微笑む

勝ちたい気持ちは理解はできるから
力を持たない者の生き様を示せればいい

西風が吹く 既視感がふと訪れて
少しサディスティックなやり方も悪くない
そんな気持ちにさせるアイツを見直して
瞳隠しながら妖しく宙を切り裂く

結晶が舞う 遊びとはもう呼べないか
流れ断つ輝き 今狙いを定めて
決して治らぬ白痴ならば
再びその胸に刻みつけて
あるべき場所へ帰らせよう


ラストリモート


善意は偽善へ、偽善は悪意へ
純粋な心は時と共に淀んでゆく

―ならば
心など捨ててしまえばいい


ラストリモート

[原曲:ラストリモート]
lyric:黒岩サトシ
arrange:fanfan.
vocal:Cherose




何にも喩えられないおぞましき色の渦
確かめる者、何故この世界に生み出されたの?
この胸は震える

飛び交う見えぬ悪意を感じられたとしたら
誰一人もう正気は保てず
その命さえ投げ出して逃げる

心はすぐ色取り替えていずれは黒く染まる
何も無い純白のまま閉じ込めて
独りきりの時の中眠る

誰も信じられぬ
ああ 私の心はどこへ向かって漂う

いつかは

誰も傷付かずに
そう 満たされる場所を見つけ出せると祈る

この世で醜いもの
ああ 求めるのならば
人の心を覗き悔んでしまえ

ただ清らかさに
そう ほだされ続けて傷付くならば捨てて

誰も信じられぬ
ああ 私の心はどこへ向かって漂う

いつかは

誰も傷付かずに
そう 満たされる場所を見つけ出せると祈る

いずれ淀んでゆく
ああ 心も無垢なら導く術を想い触れよう

そして芽生えてゆく
そう 優しさすら閉ざして無へと心を委ね



ブクレシュティの人形師<Retro Atmosphere> Ver1.1


ブクレシュティの人形師<Retro Atmosphere> Ver1.1

[原曲:ブクレシュティの人形師]
lyric:阿部 左 (efs)
arrange:八神 将義 (efs)
vocal:阿部 左 (efs)




あなたが忘れた街で、失くした灯火集めてみせた
期待に裏切られては、幾夜貴方を待ち焦がれる
私が過ぎ行く森は、可憐な花も毒牙に変えれる
私の涙枯れたら、その日私は笑えてる?

咲き誇る花のような、色幾重のその中で
楽しいナイトパレード始まるの
ひとつふたつと私を囲んでほら、楽しそうに笑うの

花が散るゆるり散る
よしや夢も儚く
闇があの月焦がす
じわりじわり蝕む

さらさら
香り 昔年の香り
ゆらゆら
揺れて漂うは命

強がる事を覚えた、軋む心貴方には見せない
心をどこに預けて、どう微笑んでみせればいい?
私が過ぎ行く森は、可憐な花も毒牙に変えれる
闇夜を深く切り裂いて、今も一つの月を待つ

流れ行く雲のように、色美しいひととき
楽しいナイトパレードは終焉
ひとつふたつと私を囲んでほら、楽しそうに笑うの

雲があの星隠す
霞む霞む泡沫
涙が全てを暈かしてほろり流れる

どこにいるどこにいる
痛み分かつ人形
ここにいるここにいる
いつかの日の私と

優しさ受け入れる術
とうの昔に失くしてしまった
心をどう許したら
あなたに笑いかけられるの?



dOWn thE draiN


dOWn thE draiN

[原曲:U.N.オーエンは彼女なのか?]
lyric:阿部 左 (efs)
arrange:八神 将義 (efs)
vocal:阿部 左 (efs)




始まりを告げる時計の音が響き渡って
目覚めの時間、吐息が月を揺らす

指先はいつも危うく宙を漂うから
お願い、壊れないでこっちを向いて笑って

彼女の金糸は針金のようにか細いのに
運命は彼女に何を背負わせた?

私と同じ不吉な赤い月の目の色
私と違った運命切り裂く翼

「白い肌にこびり付く血の跡
 痛々しいなんて失礼じゃない?」

「こんなに奇麗にしてあげたのに
 お礼のひとつくらい言いなさい!」

彼女の白い腕 何も恐れるものなどなく
メイドのナイフより躊躇いが見えない

彼女の金糸は針金のようにか細いのに
運命は彼女に何を背負わせた?

「楽しい遊びの邪魔をしないで!
 ぬいぐるみひとつもあげたりしない」

「取り上げられたら泣いて喚くわ
 だってここには、誰も残らない…!」

終わりを刻む時計の音が響き渡って
食事の時間、悲鳴が月を落とす

彼女の運命私が赤く紅く満たして
その髪もその目も全て色を変える

儚い希望は無に還り、刹那に宙返り
彼女の幕を引くのは姉の役目



灯花


灯花

[原曲:暗闇の風穴]
lyric:結城 京華 (efs)
arrange:八神 将義 (efs)
vocal:結城 京華 (efs)




ここは光なく閉ざされ
時計の針さえ壊れて

微睡(まどろみ) 意識囚われて
誰もが堕ちてゆく

言葉は虚しく消されて
どこか・・・
誰かのこと待ち続けては
裏切られる

昔話のような美声(こえ)
甘い溜息と姿が

陽炎のように浮かんで
あなたを誘う(いざなう)の

隠した過去(ココロ)さえも
壊されて・・・
いつか
永久(とこしえ)の桃源郷(らくえん)へ
連れてゆくのに



プロフィール

あいか

Author:あいか
じぶんが持ってるCDの歌詞置き場。

更新は不定期。
誤字ありましたら教えてくださるとありがたいです。

**2016.10.12
記事の整理終了しました!長らくお待たせしました。
これからまた更新していきますね…!
リクエストも頂いておりますので少しずつ消化していきます。(CD探すのに一苦労なので気長にお待ちいただけるとありがたいです)

カレンダー(月別)
10 ≪│2011/11│≫ 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー+月別アーカイブ
 
検索フォーム
***
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示