スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚空に消えるFairy tale


虚空に消えるFairy tale

Lyrics:少女病
Compose & Arrange:RD-Sounds
Vocal:Mitsuki & Lico
Voices:沢城みゆき




眠れぬ夜 空には星 瞬いては消えゆく光の粒
見失った物語を、叶うならば取り戻して―――

「壊れかけた夜空。そこに意味などなく……」

人語を識り 人間のような
感覚を持って育った 黒狼[Fenrisulfr]
凶悪な ah... その容貌に 似合わず優しい名もなき子供狼

寂しがりで泣き虫。
でも そんな弱さは同種の仲間を皆 遠ざけて
不気味がられ ついには ah... 群れから締め出された

群れにいても ただ闇を畏れて震えてたのに
これからはもう、一匹

幾つの願いの果てに 流星は流れ堕ちてゆくのだろう
崇高な夜を抉って 届かぬ世界に消えて
それは幾つも枯れ果てるまで
求め続けていた 未来の欠片
忘れない――――孤独は心さえ奪っていくことを

いつものように森を離れ 村から程近い川の片隅に
水を求め彷徨いゆく 人影に気付くことなく

声も出せず座り込んでしまう 哀れな人間の少年

その後もah... 一人

かつて出会った人々のように 顔を歪め逃げてゆくのだろう
この牙を 漆黒の体躯を恐れ 死の可能性に触れて
それは幾つも悲しいほどに 繰り返しみてきた歪な現実
その度に心が削られていくように痛くて……

その場を動けずに 腰を抜かし怯える 少年との距離
静かに詰めて鳴く 「驚かせて、ごめんね」と

敵意は全くないと この場を去る前に伝えたい
少年の横顔を舐め 再び優しく鳴いた

それは幾つも繰り返しみた 心を削られる光景じゃなく
怯えずに――――不思議そうな瞳で撫でてくれる姿

錆ついてた弱い心 少しずつah... 孤独に蝕まれた
いつの間にか失ってた 求めること夢みること
優しい手で撫でてくれる 自分をah... 恐れず触れてくれる
この感情この出会いを 流星に願い続けていた――――

「離れた村から家出をしてきたという少年はルクセインと名乗った。
彼は人の言葉を話す黒狼に驚きながらも、少しずつ心を通わせていく。

 “言葉を解し、不気味がられて群れを追い出された黒狼”
 “家族への不信感から家を離れた少年”

それは、お互いが孤独という名の呪縛から解放されるための、
大切な友達ができた瞬間だった」


関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://aporom79.blog55.fc2.com/tb.php/198-33ac71e2

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

あいか

Author:あいか
じぶんが持ってるCDの歌詞置き場。

更新は不定期。
誤字ありましたら教えてくださるとありがたいです。

**2016.10.12
記事の整理終了しました!長らくお待たせしました。
これからまた更新していきますね…!
リクエストも頂いておりますので少しずつ消化していきます。(CD探すのに一苦労なので気長にお待ちいただけるとありがたいです)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー+月別アーカイブ
 
検索フォーム
***
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。