スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘我に揺れる孤高の花


忘我に揺れる孤高の花

Lyrics:少女病 Compose&Arrange:ピクセルビー
Vocal:Mitsuki&Lico
Voices:悠木碧、戸松遥、Mitsuki




『セカイを否定するように眠り続ける、神の聖遺骸。
同じ領域に立つモノとの争いに敗れたのか。
或いは、望んでその身を堕としたのか。
残骸となって尚信仰され続けるそれは、歪に物語の輪を広げて……』

「必死になってしがみつく必要なんてない
現実なんてもう、出来の悪い悪夢でしかないのだから……」

「どうかお救いください、神様……!」

少女には何を喪おうと 力を追い求める必要があった
少女にはそれ以外の選択肢は 何一つとして残されていなかった

神を騙って偏在する凶夢【reve】
打ち捨てられた忘我の声に 醜悪な笑みを浮かべ

幾億の幸福論者がいたとしても 全てを否定しよう
忘れられ崩れ落ちたこの場所から 孤高の花は舞い上がる

少女の探し求めていた 力の根源たる純然な光
「あれこそが、ああ……神の聖骸」
廃墟に抱かれるままその奇跡は眠って……

指し示されて導かれるまま
痩せ細りくたびれたその手で 聖骸へと触れる

幾千もの不幸論者がいたとしても それさえ否定しよう
彼らが思う以上の絶望があることを 少女は識っていて
決して真意はみせず 誰にも心開かず
日の下を避けるように生きて

一人きりでもいい 残響する音像だけを肯定しよう
忘れられ崩れ落ちたこの場所から
孤高の花よ舞い上がれ
行く先は険しく先端さえまだ見えないけれど
手段なら選びはしない 薄汚れた残骸だって利用しよう―――

『アナスタシア。聖骸に導かれ、その神の名を継ぎし者。
少女は過去を捨て、名を捨てて。敬虔な聖女に身をやつした
人は深い畏敬をもって。
それと同時に、本能的な畏怖をもってそれを迎えた』

『新たな胎動は、微かな光を。
そして、言語化された嘆きを制御して……』

「いくよ、アナスタシア――――」




関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://aporom79.blog55.fc2.com/tb.php/969-d7b1519c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

あいか

Author:あいか
じぶんが持ってるCDの歌詞置き場。

更新は不定期。
誤字ありましたら教えてくださるとありがたいです。

**2016.10.12
記事の整理終了しました!長らくお待たせしました。
これからまた更新していきますね…!
リクエストも頂いておりますので少しずつ消化していきます。(CD探すのに一苦労なので気長にお待ちいただけるとありがたいです)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー+月別アーカイブ
 
検索フォーム
***
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。